ご挨拶

代表取締役 香月 広

日本から世界へ、世界から日本へ。
ベルーフは人材で世界を繋ぐ会社です

「はじめに人ありき」。

1997年の創業以来、私たちベルーフはこの言葉を経営理念に据え、様々な事業を展開して参りました。

レジ業務やインフォメーション業務の請負、企業様への人材紹介、自社直営によるコンビニや外食店経営など、ベルーフの手掛ける事業は全て人材が命。人材の力なしには成り立たない事業ばかりだからこそ、ベルーフは何よりも人材を大切にし、優れた人材の育成に力を注いでいます。
その甲斐あって、小売り、流通、フードサービス等あらゆる業界で、ベルーフの人材は極めて高い評価を獲得しております。

ところが現在、日本の労働市場は、いまだかつてないほどの大きな変化に直面しています。
それは人口減による労働人口の減少です。現に日本の人口はここ6年連続で減少を続けており、すでに様々な業界で人手不足が始まっています。国立社会保障・人口問題研究所の発表によると2048年には日本の総人口は1億人を割り込むことが予想されており、今後は人手不足がますます深刻化するものと見込まれているのです。

この問題に一石を投ずるため、ベルーフでは2015年、満を持して海外事業部を設立いたしました。

海外事業部では主に、国内企業様に海外のエグゼクティブ人材をご紹介する業務、留学生アルバイトを派遣する業務、あるいは海外に出店するお客様に現地の人材をご紹介する業務などを手掛け、人手不足に悩む国内企業様のニーズにワンストップでお応えいたします。

ベルーフの人材事業の特徴は、事前に日本国内、あるいは海外で「オモテナシスクール」を開催し、日本のビジネスマナーや商習慣、接客技術などを学ぶ教育実習を実施すること。スキルのみならず性格や人となりを理解した上で、優れた海外の人材を派遣させていただいております。

もちろんベルーフでもすでに自社直営店に海外からの人材を採用しているほか、直営店を海外にも出店すべく準備を進めているところです。

フィールドは日本から世界へと広がりますが、ベルーフの「はじめに人ありき」の理念は万国共通。人材の力を介して日本と世界を繋ぐ架け橋となり、日本のすぐれた企業文化を世界に発信するべく、今後も社員一同邁進して参ります。

株式会社ベルーフ 代表取締役 香月 広
2015年8月